ショック!離婚後初めての母子手当ての支給額に驚愕!

この記事の所要時間: 148

離婚してすぐは生活もいろいろ変わりますので、やたらとお金がかかるものです。

なので一日も早く母子手当ての申請をしたのですが、その支給額に愕然としました!

離婚後初めての母子手当てはかなり小額になる!?

母子手当て初年度の支給額の低さにショックを受けてるシングルマザー一年生

母子手当ての支給額を計算してるページで、
例になったパートタイマーの支給額が39,700円となりました。

ところがこの金額は、あくまで2年目以降の金額で、
実は離婚後すぐのシングルマザー一年生はこんなにもらえないんです!

なぜかと言いますと、母子手当て
前年もしくは前々年の状況から支給額を計算するからです!

と言うことは、シングルマザー一年生は、
まだシングルマザーじゃなかったわけです!

そうすると扶養親族数が0になってしまい、
所得制限限度額が不利になるんです!

具体的な計算は、こちらのページでやってますので割愛させていただきますが、
上の例のパートタイマーの支給額はなんと、
32,600円になってしまいます!

その差なんと、
7100円!

あれ!?
そんなに驚いてませんか?

でも母子手当てって、4ヶ月ごとにもらうので、
実際に支給される額は、
28,400円も少ないんですよ!

1年で85,200円も少ないんですよ!!

シングルマザー初年度の母子手当て支給額が低いわけとは?

コレっておかしくないですか?

だって、シングルマザー一年目って、
いろいろ物入りじゃないですか!?

なのに初年度の方が支給額が低くなるって……。

どうもこれは、
計算の都合上仕方ないってことらしいんですよ。

ただ、母子家庭への支援制度は母子手当てだけじゃないので、
シングルマザー初年度は、
母子手当て以外の援助も利用して乗り切ってください!
ってことらしいんです。

あなたがもし、もっとキチンとこのことについて知りたいのなら、
母子手当ての扶養人数についての資料をご覧になるといいですよ。

ちょっと小難しい資料ですけどね(笑)!

また、上に出てきた、
母子手当て以外の援助
については、また別の機会でご紹介しますのでお楽しみに!